うらじゃと言えば総踊り!
総踊りと言えばうらじゃ音頭!
というわけで、
踊り子同士、踊り子と観客がコミュニケーションをとりながら
楽しく“宴舞”することをテーマに“かっちょええ”連を目指しております♪

今年はうらじゃのテーマ『翼』をイメージした演舞で華麗に舞います。
名前の『FF』も翼の形をイメージしてみました♪

お問合せは daihyoro@gmail.com

2016年05月13日

今年の新オリジナル曲発表ー!

え、こんなところで!?

そう、鬼志快晴はそんなもったいつけるほどの踊り連ではないのである。

いや、失礼 (^_^;)



踊り連を探している人のために情報はおっぴろげーなのである。

いや、オープンなのである。




それにしても、

今年の登録名『もんげー鬼志快晴!』を知った鬼志快晴のメンバーが

「そりゃないぜ、セニョリータ。。。」と呟いた表情が目に浮かぶ。笑



これまで毎年うらじゃのテーマに沿って登録名や演出を決めてきたんですけど、

今年の「幹」はさすがに難しかった。。。。

まさか『木志快晴』ってわけにもいかんしなぁ。笑



あまりになんもないのでいろいろ調べていたら、

『もんげー岡山!』の新曲&ダンス&PVキャンペーン

みたいなサイトにたどりつきました。

https://www.youtube.com/watch?v=mdTAAtZhuJQ

「えっ、『もんげー』まだ引っ張ってんの!?」

かれこれ足かけ3年ではないか。



そういえば『伝説の岡山』でPRキャンペーンはってた年、

『伝説の鬼志快晴』で登録しようと思っていたのに

〆切過ぎててそのまんま「鬼志快晴」になってしまい、

まさに伝説の登録名となってしまったんだっけ。

「これは『もんげー』で岡山を応援せねば!」




で、練習が始まる前にメンバーに公開♪

オリジナル曲といっても原曲を切り貼りしただけなので、

練習のときに公開すればいいんですけどね。

ただ・・・今年の曲はもんげー速い!!



昨年はたしか135→145→155拍/分の三段加速だったかな。

160拍/分も作ったけど、さすがにメンバーも観客のみなさんも

耳がついてこないかと封印しましたが。

しかし今年は最初っから165拍/分!(カタログ値。笑)

設定勘違いして実際は163拍/分くらいかな?

数えてみてください。



たぶん練習で初披露したら耳と頭がついていかなくて

初日は練習にならなくなってしまうのではないかと思いまして

一足先ついでに全国一斉ロードショー♪笑



この曲だけ先に聞かされたメンバーは不安になるんだろうなぁ、

きっと。笑

でも大丈夫、

きっと。笑笑



わりと「よさこい系うらじゃ」が浸透しているので、

「こんなのうらじゃじゃないよ」という声も

内外からでてくるんだろうなぁ、

たぶん。



しかし・・・

本当はギターを三味線に、ドラムを和太鼓に置き換えたかったんだけど、

和楽器の音源ってもんげー高すぎ!

低予算踊り連には楽曲外注代や振付外注代はヒジョーに痛いとこなのに。



ネットで配られてるフリーの音源はリアルなのがなかなかみつからないし、

「これはおすすめ!」という音源でさえマンドリンみたいでした。



「和楽器の音が使えないならオリジナル曲で参加するな」って?

そう思いながら「今年の曲、どうしよう・・・」と

『うらじゃ原曲』を聞き込みました。



でも、昔人気のあった『鬼ごろサンバ(by鬼ごろし)』とか

ほぼサンバだったんだよなぁ。

一部「ベレン、ベレン」とは入っているけど。

https://www.youtube.com/watch?v=ChvE290d1ZY



そんなことも思い出しながら「うらじゃ原曲」を聞き込めば聞き込むほど、

「この曲こそ、全然『よさこい』っぽくないよなぁ」
「エレキがキュイーンとかサンバホイッスルみたいなのがピーピリとか鳴いてるし」
「和楽器どこだ?」
「うらじゃ立ち上げの第一歩である曲作りでよさこいっぽくしなかったのは、なにか意味があるのかな?」

なんて感じてしまう。



で、たどり着いた答えが・・・

『うらじゃ原曲』があって、
 みんなが思い思いに集まって、
 思い思いに一緒に楽しめるのが、
“うらじゃ”!



岡山が「もんげー岡山!」って岡山らしさをPRしてんだから、
今年の新曲「もんげーうらじゃ!」は
徹底的にその“うらじゃらしさ”をもんげー押しだせばいいんだ♪

・・・・と、開き直ってしまいましたとさ♪笑



うらじゃらしさ・・・

今でこそいろいろルールがたくさんできてしまったけれど、、

ルールができる前の“うらじゃ”といえば・・・



市役所筋パレードや表町パレードで3曲のうち1〜2曲は

音頭を踊ってガンガン観客を巻き込んでいました。

(注:今は音頭は総踊り限定曲です。)
(注:今は演舞は登録者以外参加不可です。)



踊り連が少なかったからミニ総踊りがあちこちでしょっちゅうあって、

うらじゃ音頭が遠くから聞こえてきたら「いけーっ!」と

みんなで駆けつけて踊っていました。

たとえ最後の30秒しかなくても。笑

(踊り子が少なかったから、裏方なのに踊って観客巻き込んだりもしたなぁ)



パレードや街角演舞場でも、よその連の踊り子が

「入れてもらっていいですか?」とか言ってドンドン入ってきて、

踊り知らなくても一緒になって踊っていました。

パレードを歩いてみたい観客が後ろにくっついてたときもあったし。

(注:今は乱入禁止なので乱入しないでくださいね)



鬼ごろしさんの「鬼ごろサンバ」は、

曲が流れた瞬間は

「え、なんかうらじゃのイメージとは…」と思ったけれど、

「わーっと集まってきて、わーっと楽しんで」という雰囲気があって

「あー、こいうのこそ実は”うらじゃ”っぽいなぁ」と思いました。

みんながそれぞれの連の衣装でバラバラなんだけど、

でも気持ちが揃ってるから全然バラバラ感がないし。

「衣装は違えど心はひとつ!」という

あの当時の総踊りでの卓さんの声が今も耳に残ってます。




今年はそんなことやあんなことやこんなことを考えながら

曲をつくってみました。

自分なりにはもんげーうらじゃな曲にはできたと思います♪


ただ、音楽もPCも素人なので、

技術的に表現しきれなかったことがあるのは残念。

間奏を長くしたかったのに、そんなことさえもできなかったくらい。



では、全世界一斉ドージョー♪
注:環境によっては速いだけにしか聞こえないかもしれないので、PCやヘッドホンで聞いてもらえたら雰囲気も伝わると思います♪




あちこちの祭りで死亡事故も起きているから

ルールができてしまうのはやむを得ないんですけど、

ルールができたから本質や良さを諦めるではなく、

ルールの中で本質や良さを育んでいきたいですよね。



今年のうらじゃの登録〆切は6月9日15時でーす(^O^)/

各踊り連への参加申し込みはそれより前になるはずなので

お間違えのないよーに。

posted by だいひょろ at 12:16| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらじゃ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック