うらじゃと言えば総踊り!
総踊りと言えばうらじゃ音頭!
というわけで、
踊り子同士、踊り子と観客がコミュニケーションをとりながら
楽しく“宴舞”することをテーマに“かっちょええ”連を目指しております♪

今年はうらじゃのテーマ『翼』をイメージした演舞で華麗に舞います。
名前の『FF』も翼の形をイメージしてみました♪

お問合せは daihyoro@gmail.com

2013年07月31日

公式練習終了♪

前日練習の最中に振付が一通り完成して、

前日練習の最後の最後で練習。



そして本日の夜が最後の公式練習。

38人くらいの踊り子のうち、30人くらいが参加して開催されました♪

なんせ最後にできた振付がフォーメーションになっていて、

当然のように演舞場とパレードで動き方が違う。

練習のほとんどをその説明と理解につかって

なんとか間違えずにできるようになったかな。



練習に参加できなかった人のために、最後の最後で通しの撮影。

ここでもうらじゃの神様が容赦なく降りてきた。

ラジカセちゃんの電池が切れてきたらしく、

再生はできるものの音楽がとびとびに。

みんなの踊りもタイミングを狂わされ、

ハラホロヒレハレ、ハラホロヒレハレ。


※やっぱり動画が貼り付けれないので、こちらをクリック♪


けど、これは「ちゃんと練習にならなかったじゃないか!」

ってわけではなく、

これこそが鬼志快晴が目指す、鬼志快晴らしい宴舞。

総踊りのように、決まった振付があっても思い思いに踊って、

思い思いに掛け声だして。

こんな雰囲気をさらに高めれたら本当にいい宴舞になるんだけど、

本番の雰囲気にテンションが上がってどこまで盛られるかなぁ♪



ついでに最後の乱入の振付のパレードバージョン。

ここの振付は映画のクライマックスみたいなもんなんです。

旗の舞を踊り子たちで盛り上げ、

その旗の舞に踊り子のテンションが上がり過ぎて

「もう、辛抱たまらーん!」と飛び込んで、

それをまた盛り上げてた踊り子達がまたまた我慢しきれず、

「おりゃー、入れてくれー!」とさらに飛び込んでみんなで踊り狂う。

まさにうらじゃ総踊り状態♪

※やっぱり動画が貼り付けれないので、こちらをクリック♪


だから、両サイドで待機してる踊り子達ももう少し盛り上がり感や

高ぶり感が欲しいかなー♪

あと、ほんとはみんながバラバラな乱舞で振付を考えてきたけど、

こうなったら、かえって揃ったほうがいいよなー♪

乱入して一体感が高まっていく、みたいな♪



さぁ、これに旗振り隊が加わって、本当の完成です♪

観客の皆さん、本番での変身ぶりをお楽しみに♪ 

(あ、やべ、ハードル上げすぎた!笑)



posted by だいひょろ at 12:15| 岡山 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | うらじゃ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振付が完成♪いまごろ!?(笑)

7月27日土曜日、うらじゃ本番1週間前。

やっと振付が一通りできましたー♪(笑)


まだうる覚えでちゃんとできてないけど。。。。
※動画が貼りつけできないので、ここをクリック♪




一週間前に振付差し替えはよくあること。

一週間前に半分差し替えたこともあったっけなぁ。

けど、一週間前に振付が完成したのは初めてだ。(笑)



いや〜、よかったよかった♪

・・・って、残りの一週間で練習に出て来れない人が

複数いるんですけど。(笑)

まいったな、こりゃ♪



こーゆーとこが「真剣味が足らん」と言われる所以。(笑)

けど、困らないことにしてるんです。

困ったら、「困った困った、困ったぞー。。。」と

「困った」ばかりが頭の中をぐるぐる回りだして、頭が働かなくなるんです。

そんな経験、ないですか?


しかも、「困ったなぁ」と繰り返せば繰り返すほど

頭を抱えて塞ぎこんでいってしまう。

ボクの場合ですが。

ありません?

ありますよね?

あるでしょ?

あるって言って!!(笑)


だからそんな時は、「う〜ん」と背伸びして、肩の力をホッと抜いて、

「まいったな、こりゃ♪」。

頭をスッキリさせて前向きにモノを考える体操〜♪




んで、もちろんYouTubeを観てもらうけど、ちゃんと観れない人もいるし・・・・

DVDに焼いて渡してあげても、

フォーメーションなんかみんなとやってみなきゃわかんないよなー。



もともと「練習に参加できなくても出れますよ」で踊り子を集めている連だから、

最終日には練習に参加するつもりが

用事で参加できなくなる人がいるのもしかたないこと。

翌日28日日曜が最後の公式練習。

ほとんど参加する予定ではあるけど、一体何人集まれることやら。

集まれなかった人数やメンツによっても対策は変わるし・・・・。


どーなることやら♪


posted by だいひょろ at 11:27| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うらじゃ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

パレード練習



※ありゃ?動画が貼れないなぁ。ここをクリック♪

スタンディングがメインの鬼志快晴。

その代表にとって、恐怖のパレード初練習。(笑)

「今年の振付は進むところがあんまりないんだよなぁ。。。。」



特に前半の振付が出来たときは、

「踊り子を台車に載せて運ばんといかんなぁ」

と思うくらい進まなかった。(笑)



そんなわけで後半の振付は、進むことを前提にした大技の振付に。

で、大きく進むことも可能な”調整役”の振付を間に挟み込んで。



振付を作るのもいろいろと制約があって、意外と大変なのだ。

特に我が連のように”死 near”・・・・いや、シニア(笑)率が高いと、

「カッコイイ振付がいい♪」と言いながらも

「回る振付が欲しいけど、2回も3回も回ったら目が回る」だの、

「低い姿勢の振付もないと」と言いながらも

「立ったり座ったりが続くと疲れてついていけない」だの、

「振付が多いと覚えれない」だの。

さらに踊ってみたら・・・・

「脚が伸ばせれない。。。。」

「身体がそんなにねじれない。。。。」だの。



振付を考えながら

淀川の土手にしゃがみこんで膝を抱えて歌を口ずさむ日々。

「♪老人(ロート)、老人、老人、老人制約〜」(笑)



振付は出来上がっても

今年のメンバーがどのくらい踊れるのかわからない。

みんなに踊ってもらってから、

やむを得ず振付の差し替えをするのは毎年の恒例行事。



そんなこんなで、

そろそろパレード練習をやらないといけない7月中旬を迎えた頃には、

「果たして1曲で70m進めるだろうか????」という状態。

しかも今年は

「向けるところは観客向きでコミュニケーションをとる」という課題もあり。



とりあえず進むところを指示してパレード練習をしてもらったら

2回目で70m到達成功♪

いや〜、よかったよかった♪



というわけで、練習に参加できなかった人は動画でマスターしてね。

録画を忘れてて、最初のほうがないんだけど。(笑)




※動画のないところを・・・説明しよう♪
1.最初のイントロ部分は、進行方向向きで進行なし。
  ”手拍子イントロ”直前の「お〜ぉ〜ぉ〜っ」というところだけ
  3歩跳ねながら進みます。
  最初のイントロの振付は後程。(笑)

2.”手拍子イントロ”のところは間奏部分と同じなので、
  動画で確認してください。

3.「回ってハッ、ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ」は進行方向向き。
  「ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ」の部分だけ跳ねながら4歩進行。

4.「ハッ、ハッ、ソレ、ソレ、ソレ、ソレ」も進行方向向き。
  「ソレ、ソレ、ソレ、ソレ」の部分だけステップしながら4歩進行。

5.「ハッ、いよ〜っ・・・・どっこいじゃんじゃんこらよ」は
  観客向きで進行なし。
  進もうにも進めないし。

これ以降は動画にあります。

「ハッ、ハッ、いよ〜っ、ハイハイ」の1番2番の順番は、
列が入れ替わっても変わりません。
1番の人は列が入れ替わっても1番のまま、
2番の人は列が入れ替わっても2番のまま。

わからないところがあったらメールで聞いてください。
メンバーじゃない人は聞いてこないでください。(笑)







posted by だいひょろ at 11:12| 岡山 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | うらじゃ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

業務連絡〜 イントロ振付です

せっかく決まったんだけど、このイントロAは差し替えになりました。

演舞場によって横に並ぶ人数が変わる・・・ということは立ち位置が変わるので、

みんなが対応できない。。。。。

イントロAの差し替え説明はまた後程♪

イントロBは ↓ のままなので、参考にしてください。





今まで保留にしていたイントロA部分が決まりました。今まで練習していたイントロB&間奏部分が差し替えになります。

まず、イントロA。

これが基案。14日日曜の練習ではちょっとバラついてるけど、
練習すれば大丈夫そうな感じなのでこれで決定。

けど、翌15日の練習で「最後をもう少し跳びたい気になる」という意見が複数あったので、
最後の跳ぶ回数を少し増やしてみました。
※なぜか動画が貼れないからここを開いて
まんまキョンシー。(笑)
腰を落とせばそれほどでもないんだろうけど、腰を落とすのはウチのメンバー苦手だし。

「『腰を落として』と言っても落とさないから、腰が落ちるように手を下げよっか♪」
「下げたままだと変だから段々あげていこう♪」
「いきなり下げたら変だから、一度横に広げたら?」
で、アレンジしたのが ↓

※なぜか動画が貼れないからここを開いて
お〜、いい感じにノリがでてきた♪
じゃあ、みんなで。

※なぜか動画が貼れないからここを開いて
ん〜?なんか怪しいよなぁ。
折り返しでは6回裏返すんだけど、6番目の人が忙しすぎて曲に合わせれないらしい。
言われてやってみると、たしかに。
そう言われれば、前日も後半の人達がバタバタして揃ってなかったかも。

なので、折り返しは5回でやってみました。
※なぜか動画が貼れないからここを開いて
まだ少し揃ってないけど、ドタバタ感は減ったかな。
ほんでは、説明♪


1.真後ろ向きよりは右足を少し観客側に引いた態勢で腕組みをし、
  右向き肩越しに観客側を見るように立ちます。

2.曲の「うらじゃ」の声にあわせて一列ずつポーズしていきます。
  「回れ右」のように右足を大きく引き、両足が観客と平行になるような位置に。
  両腕は一直線に45°で、次の人側が上です。
  顔も次の人側を向きましょう。
  そうすれば互いにコミュニケーションもとれるし♪

  そうやって「うらじゃ、うらじゃ・・・」と7回までは一列ずつポーズしていきます。
  8回までありますが、おそらく9列以上になるので8回目は残りの列が一斉にポーズ。

3.8回ポーズが済んだら、次は折り返して5回「うらじゃ」です。
  回れ右のために引いた足を使って前向きにターン。
  同時にまた、両腕一直線45°で次の人側の手を上に、次の人側に顔を向けます。
  
  9列以上で5回なので、5回目は残りの列全員です。

4.「チャーチャーチャー、うらじゃー」は
  右手を後ろに回して、
  左手を後ろに回して、
  両手を左右に突き出して、
  両腕を下から上へ3カウント(手のひら上向き)、
  4カウント目は両手でひざを叩きます。  
  
  ひざを叩くのは「ポン♪」と軽く叩くのではなく、
  円陣のときの「いくぞーっ」という感じで肩もつかって威勢よくいきましょー。



次に、イントロBの差し替え。
後ろ向きでガッツポーズしてましたが、ここは観客に手拍子を煽る振付にします。

1.ひざの屈伸と頭の上で大きく手拍子。
  頭の上で小さく手拍子するのでなく、腕を伸ばし気味に大きく手拍子します。
  ひざを伸ばした時に少し体を右左に傾けます。
  カウント1右、カウント2左、カウント3右、カウント4左。

2.片ひざ上げと頭の上で大きく手拍子。
  頭の上で腕を伸ばし気味に大きく手拍子するのは同じですが、
  左、左、右、右、とひざを高く上げます。

3.下半分の円を描くように蹴りだしと手拍子。
  腕は下を通して右上で手拍子、同時に左足を右に蹴りだす。
  また腕は下を通して左上で手拍子、同時に右足を左に蹴りだす。
  これを右、左、右、左。

4.最後は右手のひらを突き上げ、胸に下ろす。
  カウント1で一気に手のひらを広げて突き上げ、2〜4はタメ。
  カウント5〜8で手のひらを握りしめながらゆっくり下ろしてきて、胸に当てる。
  「あの太陽の輝きを心に込めて」みたいな煽りをいれるので、表現してください。


以上、練習よろしく♪

観客さんも・・・?(笑)






posted by だいひょろ at 15:52| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うらじゃ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

7月6日7日の練習報告と踊りのポイント

練習も後半戦に入り、そろそろ流れを覚えるのは終わり。

まだまだ全然覚えてない人もいるんだけどね。

次いってみよー、次どーぞー!(と、いかりや長介風。笑)



先日の週末は細かいポーズのチェックということで、

脚を伸ばそー!

腕を伸ばそー!

しっかり上まで上げよー!

ひざを上げよー!

きっちりポーズをとろー!

なんてことを中心にやりました。



土曜練習の冒頭に踊った時に比べたら、よその連かなと思うくらい良くなりました!

月とスッポン!

・・・って、そもそもなんで月とスッポンみたいな比較対象外なもんで比べてんだろ。(笑)

月と太陽!
冷めてるもんと燃えてるもん、みたいな♪

服とスッポンポン!
外身と中身、みたいな♪



けどまだ、ポーズを良くしても終わりじゃないんだな、今年は。(笑)

今年のコンセプトは「仲間とも観客ともコミュニケーションをとりながら踊ろう」なので、

最後はそれだけを意識して踊らなきゃいけなくなるだろーなぁ。


形なんか気にしてられなくなるだろから、無意識でも腕が伸びたりできるようになろー。

本番になればテンションが上がるからひざは10cmくらい高くなるかもしんないけどね。




そして、うらじゃの神様がまだ降りてきていない事実をみんなは忘れている。(笑)

説明しよう!うらじゃの神様は演舞をより良いものにするためには容赦ないのだ。

知〜らない♪





とりあえず、土曜の練習後と、日曜の練習前と練習後の動画をアップしてます。

土曜の練習前があれば違いがわかる男だったのになぁ、失敗失敗。

クリープを入れる前のコーヒーと、入れた後のコーヒーくらい違いますから。


それと、静止画にするとさすがにまだまだバラバラな事実も載せておきました。

「これくらいできればいいや♪」と自己満足されてもいかんので。

練習に一回も来れなくてもみんなでカッチョよく揃って踊れるように

どれだけ工夫を凝らして作った振付であることか。(おっさん♪・・・いや、絶賛♪ 笑)




それに、昨年終わった時に「もうちょっと頑張れたのにね」とみんなで反省したこと、

ボクは忘れていませんよ・・・。



↓土曜練習の終わりです



↓日曜練習の冒頭です



↓日曜練習の終わりです



腕が伸びるようになってきて凄くきれいになってきましたねぇ♪
あとは静止画でご確認を。
一瞬が揃うか揃わないかで全然印象が変わってきます。
あとちょっと意識をするだけで全然印象が変わってくるので、
せっかくだからみんなで揃えましょう♪

ちなみにボクが河原で踊ってる振付動画ですが、
足場が柔らかい土で踏ん張りが利かず、
脚は曲がるし腰は落とせないし素早く動けないしだったので
あれをコピーしちゃダメですよ。
あれが最低ラインで、あれ以上やってくださいね。

では、一通りの頭からいってみよー。

1.回ってハッ.jpg1-2.回ってハッ.jpg
最初の回って「ハッ!」。
手のひらと広げた足で三角形ポーズを意識しましょー。
見上げる感じがいいですねぇ♪

2.ソイヤソイヤソイヤソイヤ.jpg2-2.ソイヤソイヤソイヤソイヤ.jpg
「ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ」で腕を入れ替えたところ。
やっぱり腕が伸びて揃うときれいですよねぇ♪
太陽が昇るのを顔で追うように見上げていく・・・・。
ここも張りのある三角形ポーズ♪

3.右ハッ.jpg3-2.右ハッ.jpg

4.ハッ.jpg4-2.左ハッ.jpg
左右に「ハッ、ハッ」と切り返すところ。
だいぶできてきてるけど、まだ「きれい」なとこまではきてないなぁ。
スパッと音がするくらい素早く動いてパッと静止するイメージで。
まずは、両腕をまっすぐ。
次に、背中から後ろ脚をまっすぐ。
その次に、前脚を深く曲げて。


5.ソレソレソレソレ.jpg5-2.ソレソレソレソレ.jpg
「ソレ、ソレ、ソレ、ソレ」で伸び上っていくところ。
左右の写真が同じ連で同じときに踊ってると思えないくらい違うんですけど。
やっぱり両腕が並行になるまで上げた方がきれいですよね。

6.ソレソレソレソレハッ.jpg6-2.ソレソレソレソレハッ.jpg
「ハッ」と一気に落ちたところ。
真横と真下の腕の角度が正しいとピシッとしてカツチョいいけど、
角度が悪いとやはり決まらないですよね。
さらに、右足が深く曲がって低い姿勢になっている人がやっぱりカッチョいい♪

7.いよーっ.jpg7-2.いよーっ.jpg
「いよーっ」と左へ回ってきて「ほっ、はっ」へ移る直前です。
いまは「いよーっ」とドンピシャのタイミングで左向きに来ていますが、
早めに左に向いて一瞬タメを作るようにしましょー。
左向きの低い姿勢で一瞬タメがあると、次の高い姿勢への変化が大きく見えます。
今は中途半端な高さでチョコチョコ動くから、
バタバタと揃ってないだけの印象になっています。
「左向きの低い姿勢の一瞬のタメがキモ」と覚えておきましょー。

8.ほっ.jpg8-2.ほっ.jpg
「ほっ、はっ」の「ほっ」です。
「いよーっ」の低くゆっくり大きな動きから一転、
「ほっ、はっ」と今回の演舞で最も速く動いて見せるところです。
その一貫した流れの真ん中のこのポーズがきれいに揃うことが前半のキモになります。
これが揃わないとバラバラダラダラになるので正確かつ確実にポーズをとりましょー。

左の写真はかなりいい線いってますね♪
右の写真は静止したタイミングを間違えたかなと思ったんだけど、間違ってませんでした。
上げてる脚はももが水平でひざが90°になるとみんなで揃えやすいですよね。
ひざ下の力を抜いてブランとさせればいいかも。
あと、軸足から頭にかけて真っ直ぐになるときれいですよ。
足を上げるのにのけ反らないように注意しましょー。


9.はっ.jpg9-2.はっ.jpg
「ほっ、はっ」の「はっ」です。
ここもポーズなので、突っ立ってしまわないように。
ひざを曲げて、胸を張って、腰を入れて、腕が下がらないように。
右腕が「どうもすいません」にならないようにね。

10.ドッコイジャンシャン.jpg10-2.ドッコイジャンジャン.jpg
「どっこいじゃんじゃん、こ〜らよ」の出だし。
しっかり前方の低い位置から。
なんでもない動作だけど、何気なくやらないようにノリを忘れずに。


11.コラヨット.jpg11-2.コラヨット.jpg
「どっこいじゃんじゃん、こ〜らよ」の決めポーズ。
どうしても次の動作に流れやすくなるので、
意識的にきっちりポーズとるようにしましょー。
特に頭を叩く右手ね。


12.背面ソレッ.jpg12-2.背面ソレッ.jpg
12-3.背面ソレッ.jpg
「1・2・3・ソレ、1・2・3・ソレ、1・2・3・ソレ」で背中向きに跳ぶところ。
次の動作へ早く移りたい衝動を抑えながら、ギリギリまで背中を向けましょー。
背中の鬼志快晴のロゴを見せたまま跳ぶように。
これを見せたい!


13.ソレがどうした.jpg13-2.ソレがどうした.jpg
13-3.ソレがどうした.jpg
「ソレがどうした」のところ。
背面ジャンプから一気に振り返ってバシッと決めるところ。
できるだけ低い姿勢で踏ん張って、ワイルドにカッコつけよう!


14.よいさーっ.jpg14-2.よいさーっ.jpg
14-3.よいさー.jpg
「♪晴れ晴れ大空、吉備の国〜」で左右ステップして「ヨイサーッ!」のところ。
腕が伸びていい感じ♪
軽く跳びあがって雲を突き破るように。


15.よいしょー回転前.jpg15.よいしょー回転前2.jpg


15-3.よいしょー回転前.jpg15-3.よいしょー回転前2.jpg
15-2.よいしょー回転前2.jpg
これが「♪晴れ晴れ大空、吉備の国〜」で、回転前にステップ踏んでるところ。
ぜ、全然ひざが上がってない。。。。。
それどころかグダグダ。。。。
鬼志快晴らしいといえば、「らしい」んだけど。
ステップ踏まないなら最早この振付をやる意味がないんだよなぁ。
うらじゃの神様が降りないように頼みます。なにも考えてないので。(笑)


16.よいしょー回転後.jpg16-2.よいしょー回転後.jpg

16.よいしょー回転後2.jpg16-2.よいしょー回転後2.jpg


16-3.よいしょー回転後.jpg16-3.よいしょー回転後2.jpg
同じく「♪晴れ晴れ大空、吉備の国」で回転後に「ヨイショーッ!」のところ。
うらじゃ原曲の基本踊りでもこの引きおろしガッツポーズの振付があって、
みんなができない・・・というか、やらないところ。
腕は完全に伸ばすくらい高い位置から引きおろすのが正解。
みんな五木ひろしのファンなのか、すぐに顔の横で拳を握るんだよなぁ。
煽りで五木ひろし歌っちゃうぞ。
ステップでひざを上げるのに合わせて軽くジャンプして腕を高く上げよう。
高いところから下りてくるから「よいしょーっ」なんだよ。


17.ハッハッ.jpg17-2.ハッハッ.jpg
17-3.ハッハッ.jpg
「ハッ、ハッ」のところ。
ほとんどの人が腰が全然落ちてないですよね。
これでは「ハッ」というよりは、「ジャーン」とか「デュワー」な感じですよ。
ここは動画で仙石さんを参考に。
勢いをつけて一気に腰を落としてます。
体重移動が大きいのですごく目を引きますよね。
あれをみんなで揃えれたら迫力ある演舞になるんだよなー。
身体的に無理な人はしかたないとして、やれるとこまでやってみよー!


18.いよぉー.jpg18-2.いよぉー.jpg
18-3.いよぉー.jpg
「いよーっ」のところ。
ここも仙石さんが深く沈み込んで体重移動が大きいですよね。
体重移動が大きいと、みんなの隊列が大きく左右に動くから演舞に迫力がでますよ。
「自分がどう動くか」だけでなく、
「みんなでどう魅せるか」ということもイメージしながら踊ると楽しいですよ。
振付を作るときも「みんなで踊った時に観客からどう見えるか」を一番に考えています。


19-2.回転ソレッ1.jpg19.回転ソレッ1.jpg
19-3.回転ソレッ1.jpg

20.回転ソレッ2.jpg20-2.回転ソレッ2.jpg
20-3.回転ソレッ2.jpg

21-2.回転ソレッ3.jpg21-3.回転ソレッ3.jpg
21.回転ソレッ3.jpg

22.回転ソレッ4.jpg22-2.回転ソレッ4.jpg
22-3.回転ソレッ4.jpg
最後の「うらじゃ、うらじゃ・・・」で回転して止めた瞬間です。
みんなはどの写真がいい感じに見えますか?
両腕が伸びて並行で45°が理想ですが、肩周りの可動域が狭い人にはきついかな?
でもボクも肩周りの可動域は狭いんですよ。
意識するだけでもだいぶできるようになると思います。
ひざ下から振り上げるとグチャグチャ感がでてしまうので、
ひざ下はきっちりじゃなくても真下向きくらいで。

さらに細かいところまで言うと、手首を押し込むようにして手のひらを反らせるのが正解♪


動いているところや煽りあうところなどは凄くよくなってきたので、

揃えるところが揃ってくれば俄然カッチョよくなりますよ♪



みんなで心を一つにして頑張りましょー。

みんなが希望するならボクももっと細かく指導するんで、

遠慮なく「ぬるい!」って言ってくださいね。



あ、しまった、うちの踊り子以外もみてるのか。(笑)

なんも勉強してない素人が自分のイメージのままに指導しているんで、

本気で間違いを指摘しないでくださいね。

踊りの常識から逸脱して創作しているので。(笑)



現在はこんな状況です。

本番までにどのくらい変わってくるか、乞うご期待♪



posted by だいひょろ at 10:24| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらじゃ2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする